10代の美容の悩み

10代で一番多い美容の悩みといえば、やはり「ニキビ」でしょう。
ニキビは若さの象徴と言いますが、やはりできては欲しくない肌トラブルです。

なぜ、10代にニキビができやすいのかというと、ホルモンが大きく関係しています。
10代の思春期に入ると、男性・女性共に性ホルモンの分泌が活発になります。
性ホルモンの1つ、男性ホルモンは皮脂の分泌を増加させるホルモンです。

ニキビの原因となるアクネ菌は、皮脂をエサとしていますので、皮脂が増える10代の時期は特にニキビができやすい、肌質になっています。
男性ホルモンは女性でも少なからず分泌されている為、男性・女性関わらず10代はニキビができやすいのです。
ニキビをそのまま放置してしまうと、色素沈着を起こしたり、クレーターといったニキビ跡になりがちです。
ですので、しっかりとニキビ予防・改善に有効な対策を行いましょう。

まず、ニキビ改善の美容として洗顔は基本中の基本です。
洗顔で毛穴の中に入り込んだ皮脂を落とし、ニキビを作り難い環境へとします。
この時、毛穴の中の皮脂をかき出そうとして、ゴシゴシ洗顔してしまってはいけません。
強く肌を擦ってしまうと、かえって皮脂が毛穴の奥に入り込んでしまうのです。
また、擦る事でニキビにダメージを与え、色素沈着など新たなトラブルの原因となってしまいます。

洗顔は泡を十分に泡立て、肌をなでるような感覚で行いましょう。
洗顔後は肌を保湿する美容も、ニキビケアには必要不可欠です。
化粧水で保湿を行い、乳液などで水分が蒸発しないよう蓋をします。

皮脂が多いとベタベタするという理由から、乳液やクリームを使いたくないという方も多いでしょう。
ですが、化粧水で水分だけ与えても、蓋をしなければどんどん蒸発してしまいます。
べたつき感が気になるという場合、オイルを含まないジェルなど、さっぱりとした使い心地の化粧品でケアすると、不快感も少なく続けやすいでしょう。

ページトップへ