美容で行う脱毛器バッファーを用いたアンダー処理

女性の美容の1つに脱毛処理があります。現在、脱毛には様々な方法が用いられており、それはエステで処理する光脱毛から医療施設で行われるレーザー脱毛、また、自分で行う方法もあります。自分で行う美容脱毛は一番コストが低く、それにもいくつかの方法があります。自分で行う場合には、時間に左右されないことや、アンダーの処理、また、部分的に念入りに行うことができるなどのメリットがあります。方法としては、レーザーやフラッシュ式を用いた家庭用脱毛器によるもの、毛抜きや脱毛ワックス、剃刀、除毛クリームによるものがあります。その中でも、脱毛器バッファーを用いた方法には人気が集まっており、手軽に行えることに定評があります。脱毛器バッファーでは熱エネルギーを利用した脱毛法として注目を集めており、ムダ毛をカットした後に毛先を熱処理し、その後、バッファーで均すことに特徴があります。美容脱毛の場合には、例えば、毛抜きで無理やり引っ張ったり、カミソリ負けを起こしてしまったり、脱毛の度に肌を傷めてしまうこともよくありますが、脱毛器バッファーの場合には肌に直接触れることなく脱毛ができるようになっており、肌へのダメージは最小限に抑えることができるようになっています。また、熱処理によって毛先も丸くなるためにちくちく感が軽減され、アンダーなどの処理の場合にも不快感を覚えることはありません。
使用方法としては、まず、本体を肌に垂直に当てて持ち、硬い毛が引っ掛かる場合には少し傾けながら、軽くなでるように動かしていきます。その後、残った毛くずを専用のバッファーで軽く肌を擦って取り除き、クリームによるアフタートリートメントを行えば完了となります。脱毛器バッファーによる脱毛は、アンダーなどの皮膚が敏感な場所においても、肌への影響が少ない処理方法といえます。

ページトップへ