脱毛後のトラブルのない医療レーザーは医師免許が必要

女性は何かと美容には関心が高いもので、少しでも自分の容姿を魅力的に見せるためには、様々な努力を行います。
そういったお手入れの一つでもあるムダ毛処理は、近年エステ脱毛がブームとなっていますが、このブームの陰で脱毛後のトラブルや効果の低さが持ちあがっており、永久的な美しい仕上がりを手にしたいのであれば、美容系のクリニックで行う医療レーザー処理を受ける必要があるという情報が流れるようになってきました。
美容外科クリニックや美容皮膚科といった医療機関では、医師がカウンセリング及び施術を行うため、エステとは比較にならないほどの効果が出せます。
しかし毛母細胞を完全に破壊させるという行為は、医師の免許を持つものにしか行えないことで、これは紛れもなく医療行為なので、エステサロンでレーザーを使えば違法となります。
また、皮膚の専門医がいるため、脱毛後に何らかのトラブルが生じたとしても、敏速に適切な処置を施してもらえるので、深刻なトラブルになることを回避でき、安心感が違います。
以前はエステでも電気脱毛を行っており、免許があれば施術を行うこともできましたが、強い痛みを伴うこと、一本一本の毛穴に針を指しながら行うため時間がかかること、施術者には高いスキルが求められるので、施術が行えるものが限られてしまうことなどから、必然的に高額な費用がかかってしまうので、今ではエステで電気脱毛はほとんどなくなっており、光脱毛が大半を占めるようになっています。
しかしこの処理でもあっても、免許が必要なくエステティシャンでできるとはいえ、未熟なスタッフに当たってしまうと、お肌の弱い方、あるいは体調によっては、脱毛後にやけどのようなトラブルを起こしてしまうことも多く、大問題にまで発展しているサロンも多々あるようです。

ページトップへ