30代の美容の悩み

10代・20代ではお肌の事で悩む事は無かったのに、30代に入ると途端に色々なトラブルが出てきた・・という方も少なくないでしょう。
30代は仕事や育児に忙しく、あまり美容に時間をかけられません。
忙しく美容を怠ってしまい、ふと鏡を見た時にお肌の老化に愕然とするのです。

まず、30代に入り感じやすいのが、お肌のたるみです。
お肌おたるみは真皮層にある、コラーゲンが不足して起こると言われています。
コラーゲンは真皮層で網目状に張り巡らされており、このおかげでお肌はハリと弾力をキープしています。
しかし、コラーゲンの生成量は20代をピークに年々減少してしまうのです。

30代に入ると徐々にコラーゲンの生成が衰え始めるので、「頬が下がってきた」・「ほうれい線が出てきた」など、たるみの症状が現れるようになります。
たるみを、そのまま放置していると、やがてフェイスラインもたるみ、ほうれい線もよりくっきりと濃くなるでしょう。

鏡を見てたるみに気がつたら、すぐにたるみ改善の美容を行う事が、40代・50代のお肌の行く末を決めると言っても過言ではありません。
まずは、美容成分を多く含む化粧品でしっかりとスキンケアし、コラーゲンを食事で意識して補う事がお勧めです。
コラーゲンは鶏の軟骨などに多く含まれていますが、毎日食べ続けるのは難しいので、サプリやドリンクを活用しましょう。
この時、一緒にビタミンCを摂取すれば、よりコラーゲンの生成量がアップするのでお勧めです。

ビタミンCは優れた抗酸化作用があるので、やはり30代になって悩む方が増える、シミの改善や予防にも有効です。
この他に、若返りビタミンと言われる「ビタミンE」も、30代の美容の悩みを解消するサポートをしてくれます。

ページトップへ